スポンサーリンク

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~2日目/日本人経営のSPAと夕食編~

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅

の続編をUPします。

↓前回の記事はこちらからどうぞ↓

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅

〜出発編〜

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅

1日目夕食編~

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅

2日目/アンコールワットの朝日とランチ編~

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅

2日目/遺跡群巡りと「涼み小屋」で屋台のローカルランチ編~


♡人気ブログランキングに参加しました♡

「このblogにお目を通して下さった方♡ぽちりとご協力いただけるとうれしいです」


人気ブログランキング


早朝から遺跡群巡りとランチ2回を楽しんだ後に

SPAでカンボジア式ハーブサウナの「チュポン」とトリートメントを受けました。

こちらは カンボジアのブティックホテルで唯一常設している

チュポンを受けることが出来ます♡

綺麗なお花と自然に囲まれたホテルのプールは 時間があればプカプカしたいほどでした(笑)

先ずは受付を済ませてメニューを選びます。

私は「チュポン」と「ハーブボールマッサージ」


「チュポン」とは古来よりカンボジアで受け継がれるハーブサウナで民間療法です。20種類以上のカンボジアハーブを体調に合わせて配合し そのハーブを煮立てたスチームをサウナ内で存分に浴びる事で 胃腸疾患や女性特有の体調不良に効果あると言われ医者のいなかったカンボジアで あらゆる病気をこのチュポンで癒したといわれております。

↑SPAHPより抜粋)


専用の衣服に着替えて ミネラルウォーターを飲みながらチュポン小屋で30分間過ごします。

朝から汗かきっぱなしでかなりのコテコテ状態でしたが…ハーブの香りでリラックス&体臭は消えました。

そこから別室に移りマッサージ開始。

担当は現地の若い女の子で 力加減なども聴いてもらえましたが

英語の話せない私は終始「OK」と答えるのみ。

この日はグラデーションネイルをしていたのですが珍しかったのか?

施術途中に何やら現地語で話しながら爪に触る触る(笑)

気がつけばウトウトしながら60分間のマッサージが終了しました。

シャワーと着替えを済ませるとハーブティーとフルーツが用意されてました。

日本のフルーツの味と全然違うんだな〜美味しかったです♡

今回こちらのSPAでとても驚いた事がありました。

それは日本人スタッフの方がいらっしゃった事です!

吉田さんと言う女性の方でしたがテキパキした動きと親切な気遣いで かなりヤリ手な雰囲気を醸し出してましたが 後からHPを見て納得♪

彼女はカンボジアでブティックホテルを経営する日本人でした。あっぱれ!

日本人経営のSPA・ホテルはこちらからどうぞSpa – Chez Moi Suites

サッパリとした後は夕飯へ移動しました。

Khmer Touch Cuisine

こちらはシュムリアップの中心部と好立地な場所に位置しています。

そしてアマングループのホテルレストランで経験を積んだ女性シェフの作るクメール料理が頂けるお店です。

HPからメニュー名を拝借しようと思いましたが写真とセットのものがなく

英文表示しかなかったので断念…。

美味しそうな写真をお楽しみ下さい♡

こちらはお米とハーブを炒めたポリポリと食べれるスナック菓子の様なものでした。

「魚と野菜のスープ」

ゴロゴロ入った野菜が目を惹く優しい味のスープでした。

「生春巻き」

「蓮子のサラダ」

可愛さに見てるだけで癒されます。

「アモック」

昨夜食べたものと違ってクープ状でした。

「ライスケーキ」

皆の感想はタコ焼きでしたが タコ焼き嫌いの私でも美味しく頂けました。

「海老とパイナップルのスープ」

「ロックラック」

牛肉の甘辛炒めでご飯泥棒な味でした。

あれこれシェアしながら頂いた後はデザート3品もオーダーしました。

「南瓜ココナッツプリン」

「タロ芋ココナッツミルク煮」

「南瓜プリン」

東南アジアのデザートは芋や南瓜がよく使われていて どれもズッシリとお腹に来るものが多いです。

酒飲みでアテ好きな私は見てるだけ〜で満足でした(笑)

初のカンボジア旅行で毎回美味しい食事が頂けることに感謝です!

これもアジアを網羅してるサワディーシンチャオのみきさんのお陰です。

「ごちそうさまでした」

ネイティブイングリッシュ29,800“>バイリンガル女優河北麻友子もイチ押しの英語教材



6000円以下で楽しむ高級レストラン

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク