スポンサーリンク

2018 アンコールワットとクメール料理・カンボジアの結婚式参加食べ倒れの旅~出発編~

今年の3月9日~12日に 日頃より料理教室や食事でお世話になっている

本町の東南アジア10か国料理店「サワディシンチャオ」が企画する

グルメツアーに参加させていただきました。

サワディシンチャオのHPはこちら東南アジア10か国料理店「サワディシンチャオ」

旅の備語録と楽しい時間を振り返りたいと思います。


♡人気ブログランキングに参加しました♡

「このblogにお目を通して下さった方♡ぽちりとご協力いただけるとうれしいです」


人気ブログランキング


今回の旅の目的地は「カンボジア」

アンコールワット遺跡で有名なあの神秘的な場所です。

以前から「サワディシンチャオ」のオーナーシェフことMIKIさん

私がカンボジアに行ってみたい事をお伝えして 参加者が集まればツアーの開催は可能だと

お返事は頂いておりました。

ただ「去年ツアーで企画したばかりだから参加者が集まるかしら・・・」との意見も頂いてましたので 正直言って旅の実現は当分先の事になるだろうな~と思ってましたが

カンボジアで担当の日本語ガイドさんが結婚式を挙げる事になり

しかもその結婚式に「参加してみないか?」とお誘い頂いて急遽ツアーが開催される事に決定したのです☆

カンボジアに旅行すると決まっただけでも嬉しいのに

歴史も文化も習慣や常識(多分違うであろう)国の結婚式に参加できるだなんで!

嬉しくてたまりませんでした(笑)

出発日当日♪

今回の旅のメンバーは6名。

仕事の関係で休みが多く取れる先便チーム3名と 後から追っかける後便チーム3名の二手に

分かれて出発です。

後便チームの私は他の参加者さんと待ち合わせの関西国際空港で初顔合わせでした。

とても感じの良いご夫婦で直ぐに馴染めました。

関空8時集合・ベトナム航空VN321便(1030分発)

事前に下記のサイトでチェックインカウンターに変更がないか調べておきました。

(クリックするとページが表示されます)

日本橋夢屋

VN321/VN331便は第一ターミナルG-アイランドに変更と記載されていたので迷わずにそのチェックインカウンターへ。(下調べ大切)

機内預かりの荷物を預けて手荷物検査を通り出国検査を済ませて出発です。

機内に乗り込みシートベルトチェックが外れたら飲み物サービスの開始です。

LCCじゃないからお酒も飲み放題♪

寝酒にと白ワインを頂き その後は機内食です。

機内食は事前に特別食をオーダーしておきました。

(下記VietnamAielinsをクリックすると特別食のページが表示されます。)

「ベジタリアンミール」

VGML:厳格なベジタリアンミール(ビーガン)

完全菜食主義の方向け

含まれないもの:動物性食品、肉類、魚介類、家禽類、ラード、ゼラチン、卵、乳製品、蜂蜜

彩り豊かで美味しそうです♡

「色々な野菜の詰め合わせとトマトパスタ」

「野菜サラダ」

真ん中の白いのも野菜だと思うのですが鶏肉のような食感と味付けで美味しかったです。

食事が終わるとすぐさま機内は真っ暗になりお昼寝タイムになります。

まだ午前中だから寝ようと思っても中々寝付けず・・・。

結局モニターゲームをしてたらトランジットのホーチミンに到着しました。

ホーチミン/タンソニャット空港到着(1345分)

この空港で次の便へ乗り換えるために移動します。

分かりづらいのですがこの目印が乗り換え案内表示です。

本当に分かりづらい・・・一人旅なら間違えて入国してしまってたかもしれません。

再び手荷物検査を通りターミナル内へ入りベトナム料理を食べながら休憩をとります。


関連ランキング:ベトナム料理 | タンソンニャット国際空港 (SGN) 周辺


始めて本場のフォーが食べれる♡

Chicken PHO &  Fresh spring roll

Chicken PHO5.00

Fresh spring roll1.50

トッピングのハーブの量の多さからして 見るからに日本のなんちゃってとは

明らかに違います!

もちろんフォーも美味しくて。

機内食であまりお腹空いてなかったのにスープまでペロリでしたよ!

生春巻きにはブンが入っていて現地の味を楽しみました。

窓の外の飛行機を眺めながらの食事休憩も良かったです。

さて ここから再び飛行機に乗り込みカンボジアへ

ベトナム航空VN3821便(1600分発)

ここからはあっという間でした。

シュムリアップ空港到着(1705分)

まだまだ明るいカンボジアの空を拝みました。

日本を出国する時は寒かったのに到着すると暑かったです。

空港内に巨大な仏像があり存在感を醸し出していました。

目的地について入国を済ませて荷物をピックアップしたら

あとは空港の外で待つ宿泊先のホテルのバスに乗り込んで

30分程離れたシュムリアップ中心街のホテルにチャックインするだけだ

それで皆と合流した後は美味しい夕飯が待っている☆

ホッとしたのも束の間。

本格的な海外旅行の経験がない私を気遣って下さって

事前にMIKIさんがe-visaでvisa申請の手続きをして下さってたのですが

何度確認しても「follow up」

空港内のvisa申請カウンターで問い合わしてみるも語学力が足らずイマイチ理解できない

(;´・ω・)

visaがなければ入国出来ないと諦めて そのままカウンターに並び申請手続きしました。

ここから入国までが長かった!

イミグレに長蛇の列。

しかも一向に動かない。

目の前に放り出されている自分の荷物が見えてるのに兎に角動かない!

やっと動き出してご夫婦の奥様・私・旦那様の順で進むも私の後ろでまたストップ!

旦那さんの入国に何か問題でも生じたのかと本気で心配するほどの足止め(涙)

後から無事に入国した旦那さんに事情を聴くと 担当審査官のコンピューターがフリーズして強制終了させるも何度もフリーズ・・・フリーズと強制終了を延々繰り返していたそうです。

そんなこんなで空港の外に出るとあたりはスッカリ暗くなってました。

「遅い!!!」と怒ったバスの運転手さんを無事に発見して ホテルまでの送迎途中は

「なにしてたんだ?」

「待ち合わせ時間から2時間もずっと待ってたんだよ!」

(英語分からないけどそんな感じ)

とお叱りを受け大幅に到着時間をオーバーしながらも無事に先便チームが待つ宿泊先ホテルに到着したのでありました。

ホテルに到着した時点でかなり疲れていたのは間違いありません。

この後 食事へと出掛けるのですが

そちらはまた次のBlogにupします。

つづく。

ネイティブイングリッシュ29,800“>バイリンガル女優河北麻友子もイチ押しの英語教材



6000円以下で楽しむ高級レストラン

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク