スポンサーリンク

タイ料理教室 その② in サワディシンチャオ

前回のタイ料理教室から約3ヶ月ぶりに おぐし先生のレッスンに参加してまいりました。

前回のレッスンblog↓
「体験ABCクッキングと本格タイ料理教室」

おぐし先生のタイ料理店「サワディシンチャオ」のblog↓

「本町のタイ飯☆サワディ シンチャオ」


♡人気ブログランキングに参加しました♡

「このblogにお目を通して下さった方♡ぽちりとご協力いただけるとうれしいです」


人気ブログランキングへ


場所は地下鉄本町駅と心斎橋駅のちょうど中間くらいの場所に位置する おぐし先生のタイ料理店「サワディシンチャオ」で開催されます。
地下鉄本町駅・心斎橋駅から徒歩圏内です。

20160914-151232.jpg
(↑の地図をタッチするとGoogle MAPが表示されます)

この日のメニューは
「カオマンガイ」タイの鶏肉載せご飯
「海南鶏飯」シンガポールの鶏肉載せご飯
「ガイトート」タイの鶏唐揚げ
「カオポート・ピアック」とうもろこしのシロップ煮

タイの鶏肉載せご飯と シンガポールの鶏肉載せご飯では作り方も味も異なるのにタレだけが違うと思っている方が大半だそうです。
そこで 今回は実際にお料理することにより料理法の違いと 2つのレシピを覚えてしまおうと言う二度おいしいレッスンなのです♡

20160914-170430.jpg
農家直送のお野菜と豊富な食材が並びます。

今回のレッスンは8名と満員でしたので4人づつ「カオマンガイチーム」と「海南鶏飯チーム」に分かれての調理でした。

20160914-200953.jpg
カオマンガイとガイトートに使用するにんにくとパクチーの根をクロックヒンを使って叩き潰します。

クロックの使い方にはコツがありまして ただ具材をトントンと叩くのではなくて 中から具材が飛び出さないようにサークを持たない片方の手でガードします。
あとは親の仇と思いながら具材が小さくなるまで叩き潰します(笑)

クロックヒンはタイ料理には絶対欠かせないアイテムです。

おぐし先生いわく「パクチーとにんにくがあれば何でもタイ料理に変身する」そうです。

20160914-200553.jpg
カオマンガイの鶏がらスープの中に先程のパクチーの根・ニンニク・スライス生姜・鶏胸肉・鶏もも肉を入れて茹でます。

カオマンガイでは鶏肉の部位によって食した時の感覚や好みがわかるようにと 胸肉ともも肉の両方を使用していただきました。

20160914-203044.jpg
海南鶏飯の方は 鶏がらスープが沸騰したら一旦火を止めて 鶏もも肉を投入蓋して10分放置。
そのあと氷水に1分浸します。
この工程を2・3回繰り返し鶏肉に完全に火がとおったら冷まします。

20160914-204239.jpg
こちらはカオマンガイに使用する鶏皮油を作ってます。
鶏皮がカラカラになるまで炒めて 生姜とにんにくで香りづけします。

こちらの鶏皮油は日持ちがするので 作り置きに最適な美味しい油です☆

炊飯器に鶏皮油・パンダンリーフの葉・塩少々と鶏の茹で汁を加えてジャスミンライスを炊き上げます。

20160914-205620.jpg
海南鶏飯の方はスライスした生姜とニンニクを香りが出るまで炒めて ジャスミンライスを加えて炒めます。

20160914-205918.jpg
2分程炒めてお米を摘んだ時に「アチッ」と思えば火を止めるタイミングです。

20160914-210218.jpg
炊飯器やお鍋に炒めたジャスミンライス・パンダンリーフの葉・塩少々・鶏の茹で汁を加えて炊き上げます。

20160914-210636.jpg
炊き上がったごはんの香りはたまらなく良い香りで 皆の食欲を仰ぎ立てます♡

20160914-210814.jpg
ガイトートはクロックヒンで潰したパクチーの根とニンニク・オイスターソース・ナンプラー・ココナッツミルクなどで1時間ほど下味をつけておきます。

20160914-211125.jpg
米粉をまぶして油で揚げていくのですが…凄い量で大変だったと思います。

担当して下さった方に感謝します。

20160914-211742.jpg
ガイトートが揚げ上がるまでに それぞれソースとデザートのカオポート・ピアック作りに取りかかります。

お鍋に水・とうもろこしの実・お砂糖を入れて煮立ったら水溶きタピオカ粉を加え とろみが出たら火を止めます。

別のお鍋で にココナッツミルクにお塩を加えて煮立ったら火を止めます。

器に先程のとうもろこしのスープを注ぎ上からココナッツミルクをかければ出来上がりです。

20160914-212457.jpg
8名分の盛り付けの様子です。

20160914-212812.jpg
「カオマンガイ」タイの鶏肉載せご飯

20160914-213036.jpg
「カオマンガイの付けタレ」
タイの調味料に赤唐辛子・ニンニク・生姜・鶏の茹で汁などで作ります。

20160914-213230.jpg
「海南鶏飯」シンガポールの鶏肉載せご飯

20160914-213314.jpg
「海南鶏飯の付けタレ」
中国老醤油・生姜・水を混ぜ合わせたタレと すりおろした赤唐辛子・ニンニク・生姜を砂糖やお酢で味付けしたタレ。

20160914-214002.jpg
「ガイトート」タレの鶏唐揚げ

20160914-214136.jpg
スイートチリソースを付けていただきます。

20160914-214212.jpg
「カオポート・ピアック」とうもろこしのシロップ煮
甘いシロップ煮と少ししょっぱいココナッツミルクが合います。

20160914-214346.jpg
カオマンガイのスープで作った「冬瓜スープ」
美味砂糖鶏スープの優しい味が胃を通して身体中に染み渡ります。

20160914-214638.jpg
こちらが一人前です☆

凄い量ですよね!!!
(笑)
カオマンガイと海南鶏飯が料理法も付けタレも全く違うと言う事はよく理解出来ましたが 凄い量です!

流石は天然で姉御肌のおぐし先生。
今回も大盤振る舞いです(笑)

一度で食べきれなかった分は お持ち帰りさせていただきました。

今回の料理教室で経験した事は 私の好みは「カオマンガイ」ではなく「海南鶏飯」だったと言う事でした。
カオマンガイと比べると 鶏肉がプルプルとしていてコラーゲンが多く美味しく感じました♡

普段の食事にもお弁当にもオススメのレシピをわかりやすく楽しくレクチャーしていただきました。

「ありがとうございました♪」

「サワディシンシャオ」

所在地/ 〒541-0059 大阪府大阪市 中央区博労町3−4−9
電話/ 06-6241-0409
営業時間/ (平日)13:00-23:00 (日曜・祝日)13:00-17:00
定休日/ 火曜日



6000円以下で楽しむ高級レストラン

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】