スポンサーリンク

おんな酒場放浪記 in 天満

かなり前の事になりますが 久々にきちんとしたBarに行きました。

20160831-203200.jpg
この様に中庭があり。カウンターとゆったりとしたソファー席と

個室もある本格的なBarに行ったのなんてどのくらいぶりだろう?

20代の頃はお洒落で本格的なBarにハマった時期もありましたが

近年は食べる事が最大の幸せ♡

美味しいモノには目がないです(笑)


♡人気ブログランキングに参加しました♡

「このblogにお目を通して下さった方♡ぽちりとご協力いただけるとうれしいです」


人気ブログランキングへ


美味しいモノには目がない私。

もう一つ好きなモノがありました♡

それは「酒場」です。

去年の2月に 奈良から天満に引っ越して来て直ぐの頃に通った環状線の天満駅周辺の酒場。

奈良に住んでた頃は 昼間っから飲酒出来るようなお店はなく。

せいぜいランチの注文時に「とりあえず一杯」だけが限度の世界でした。

ですので 初めて天満へ訪れた時は

老若男女問わず真昼間からお酒を飲む方達の姿に衝撃を受けたのでした。

そんな私も自他共に認めるお酒好き♡

酒場を知らずして天満は語れません。
ってことで。

「おんな酒場放浪記」のはじまり♪はじまり〜♪

今回のblogは1日の出来事をまとめたものではない為

日や登場人物が変わり読み辛いかもしれませんが悪しからずお目通し下さい。

20160901-185536.jpg
場所は環状線の「天満駅」周辺。
日本一長い天神橋筋商店街があり路地裏などに様々な飲食店がひしめき合ってます。
またこの辺りはお酒も料理もとにかく安くて気軽に立ち寄れるお店ばかりです。

20160901-191651.jpg
1軒目に必ず立寄る「天満酒蔵」
創業45を迎えるこれぞ老舗の大衆酒場です☆

こちらでオススメなのが

20160901-195024.jpg
ネタケースに並べられたお造りです。
近くの市場のものを仕入れているので鮮度が良いのだそうです。

20160901-200257.jpg
「鰹のお造り」¥400-
鰹のお造りは 見た目からも鮮度が良いことがわかりました。

20160901-200907.jpg
「鯨のお造り」¥450-
「きずし」¥200-

正直期待はしていませんでしたが…「旨い」「安い」

20160902-224708.jpg
世界三大珍味のお腹をお持ちのY氏と来店した日は

「鰹のお造り」¥400-「あじのお造り」¥300- で始まり。

20160901-201420.jpg
Y社長&りんちゃんと再来した日は「まぐろのお造り」¥400-「鰹のお造り」で始まり。

20160902-190922.jpg
「どて焼き」¥350-
美味しそうに見えたのですが…ひと口食べた瞬間に無言のY社長 (◞‸◟;)

20160902-191501.jpg
「関東煮」おでんの事ですが こちらも食べたいなぁ〜と話には出たのですが

先ほどの「どて焼き」の件もあり
なにせ開店間もない来店でしたので味が「シュンでない」と諦めました。

ちなみに「生ビール」¥350-

そしてこちらのお店は本物の「酒場放浪記」で吉田類さんがいらしたお店です。

「天満酒蔵」

所在地/ 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋5丁目7−28
電話/ 06-6352-3836
営業時間/ 11:00~23:00
定休日/ 週一回不定休

20160903-125125.jpg
2軒目は「酒の奥田」

「天満酒蔵」でお造り&生ビールの後は こちらに来るのが私達の定番になってます。

こちらは立ち飲み形式のお店で お昼の営業時間が10時〜13時迄なので2軒目に来た場合

ついつい長居してしまう事がないので足の負担も軽減されます(笑)

もちろんお酒のアテも美味しいのですが こちらでも頼むべきアテは決まっていて…

20160903-131208.jpg
「鯛の子煮付け」¥350-「手作りポテトサラダ」¥300-

これがどちらも美味しくて♡芋嫌いの私は普段からあまりポテトサラダも食べないのですが こちらの「手作りポテトサラダ」だけはいただきます。

ちなみに「生ビール」¥360-

「酒の奥田」

所在地/ 〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋4-12-22
電話/ 06-6351-9514
営業時間/ 10:00~13:00・15:00~21:00
定休日/日曜・祝日

20160903-132017.jpg
哀愁漂うY社長のお背中♡

なんて酒場と会う事!(笑)

「酒の奥田」を後にして次の酒場を求め彷徨い歩くそのお背中も…

20160903-140720.jpg
天満にマッチングし過ぎ!(笑)

20160903-132626.jpg
私達は 生ビールのパワーで子供の様に遊び歩きしながら Y社長の後をついて歩きます。

20160903-135047.jpg
ふらりと吸い込まれる様に「但馬屋」

こちらのお店の名物は

20160903-135356.jpg
「イヤリング」¥380-
豚の耳・沖縄ではミミガーとして提供されていますよね。
「枝豆」¥200-
Y社長はあっさりとした枝豆が好物のようで もりもり食べてました。

20160903-142124.jpg
「酢にしん」¥390-
お酢で〆た にしんは初めて口にしました。
酢加減が絶妙でハマる味わい♪
お酒飲みにはウケる一品と言えるでしょう。

20160903-140451.jpg
世界三大珍味のお腹を持つY氏と来店した日には
「フェイス」¥380-「ホルモン」¥380- もいただきました。

豚のこの部位は好嫌いが分かれますが グルメなY氏もこちらのお店は気に入った様子でした。

そして私がこちらのお店でとくに美味しい!と思ったのは

20160903-141316.jpg
「どて焼き」¥380-
トロリとお酒に合うようにシッカリと煮込まれていて美味しいの♡

鯨と馬刺しもこちらのお店の名物料理でした。

ちなみに「生ビール」¥350-

「但馬屋」

所在地/ 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4-12-5
電話/ 非公開
営業時間/9:00~24:00
定休日/無休

たらふく飲食した後に 酔った胃が求めるのは

〆。

20160903-225120.jpg
この日は飲み友F氏と「神戸マッスルホルモン」にたどり着きました。

20160903-225619.jpg
こちらに到着するまでに4軒梯子酒をしましたので2人共かなり酔っ払い

お腹もいっぱいだったのですが ズラリと並んだメニューを見ると

…欲が沸々と…ここまでくると食欲も恐ろしいものです。

20160903-231546.jpg
目の前で焼かれる美味しそうな串を眺めながら…

20160903-232132.jpg
「マッスルもつ煮」¥480-
「白菜キムチ」¥350-をアテに飲みながら

串も数品いただきましたが写真を撮る余裕はすでになく(笑)

最後に撮影した写真は

20160903-232535.jpg
「どんぶりご飯」と空の器。

20160903-232901.jpg
「白ご飯・お肉・キムチ」のどアップ。
さぞかし美味しくてアップで撮ったのでしょう。

記憶しているのは F氏と2人で「タレご飯」を絶賛しながら分け合いいただいたこと(笑)

ちなみに「生ビール」¥400-
他店の相場と比較すると少々お高いです。

「神戸マッスルホルモン」

所在地/ 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4-12-12
電話/ 06-6353-6290
営業時間/[月~木]17:00~22:45 [金土日祝]12:00~22:45
定休日/無休

最後に天満ってこんな所です♪

20160903-234542.jpg
路地には沢山の飲食店が軒を連ねます。

20160903-235045.jpg
今どき街中では見かけなくなったお酒の自販機もあります。

20160903-234858.jpg
大阪では普通の自販機よりも 100円自販機が多いのですが 天満はなんと「50円自販機」です。

近所には「ぷららてんま」と言う集合市場のビルもあり

色々な食材が兎に角安いのが魅力です。

20160903-235307.jpg
たまに行く八百屋さんは激安ですが良い品が多いです。

20160903-235459.jpg
魚屋さんだってこのお値段です☆

20160903-235557.jpg
キムチだって美味しいのです。

そしていつもワイワイと賑わい活気のあふれる「下町」です♡

大阪に来られた際は是非遊びに来てみて下さい。

*:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*

「ぷららてんま」

所在地/〒530-0033 大阪府大阪市北区池田町3-1
電話/ 06-4800-2878
定休日/休業日・営業時間は店舗により異なる
年始一斉休業


2週間後、「どうしてもキレイに見られたい」そんな事情がある。馬プラセンタを高濃度で配合しているから叶う、見た目美の実感!プロ・プラセンタ 年齢肌、美肌、二日酔い、疲労感にも