スポンサーリンク

美味しくてコスパ良しの海鮮料理♡北新地「豊後太郎」

店名に「太郎」と付くお店の連続投稿になります(笑)

食事が2月26日と大変更新が遅れ申し訳ないですが…お目通し頂けると嬉しいです。

今回の太郎氏のお店は 北新地は船大工通り・堂島平八ビルの二階に位置する→「豊後太郎」です。


♡人気ブログランキングに参加しました♡

「このblogにお目を通して下さった方♡ぽちりとご協力いただけるとうれしいです」


人気ブログランキングへ


座席数13席・2〜6名仕様のテーブル個室あり。
入店するとカウンター端の目立つ位置に ネタケースが置かれていて店主の自信の程が伺えます☆

20160525-191053.jpg
この日お店はゆったりでしたが カウンター好きの私達は3名で店主と会話しながら お食事を楽しませていただきました♪

20160525-191415.jpg
~先付け〜

「もずく」
しっかりと太めのもずくで好みです。

20160525-192013.jpg
~先付け〜

「卯の花」
しっとりと上品で お代わりしたくなる味付けでした♡

20160525-192332.jpg
〜お造り盛合せ〜
「(右手前から時計回りに)中トロ・明石産蛸・生たらこ・生にしん・鱸(スズキ)」

生たらこも生にしんも初めていただきました☆
どちらも好嫌い分かれると思いますが 生にしんは臭いが私の口には合いませんでした…(;´༎ຶД༎ຶ`)

20160525-193421.jpg
「茶碗蒸し」

20160525-193839.jpg
「白魚の天麩羅」

20160525-193452.jpg
「白子」

凄く美味しい♡
こちらの白子はサッと湯通しされていて 全く臭みなくプリッとしていてBestな食べ方だと思いました。

ここから先は〆のご飯☆お寿司です。

20160525-202058.jpg
「ほうぼう」
鮮度が良いお魚は醤油ではなく塩が合うと思います♪

20160525-202544.jpg
「小肌」
好物です♡

20160525-202708.jpg
「炙りトロ」
たまりまへん♡

20160525-202745.jpg
「玉子」

20160525-202813.jpg
「平目」

この他にも ミル貝や熊本県天草産雲丹(絶品!)もいただきましたが「食べたい」に気持ちが走り写真を撮り忘れてしまいました。
すみません(涙)

コース料理は内容に合わせて ¥6.000-〜¥12.000-迄で 今回は¥8.000-のコースを注文しましたが 北新地のディナーでこのお値段は良心的だと思いました☆

この日一緒だった友人もコチラのお店が気に入り「良いお店だね。 また来たいね」と満足そうでした♡

なにせ魚が旨い♪
北新地で海鮮を食べたい時のオススメの一軒です。


追記♡7月8日
本日2度目の再来です。
前回の来店以来 何度か予約を試みましたが満席続きでしたので
この日が楽しみでした♪
20160715-142320.jpg
~先付け~
「もずく」
20160715-142307.jpg
~先付け~
「卯の花」
こちらの2品は前回と同様で定番みたいですね。
20160715-142328.jpg
〜お造り盛合せ〜
「(右手前から時計回りに)大分県産城下カレイ・生インド鮪・鱧・明石産蛸・うちわ海老」
赤みの濃い~!インド鮪は美味しいです♪
バルタン星人みたいなうちわ海老は伊勢海老よりも甘くて好きです。
20160715-142348.jpg
~焼き物~
20160715-142356.jpg
「稚鮎」
これまた好物の稚鮎♡
20160715-142404.jpg
「焼き蛤」
こちらも大好きなんですが 火入れし過ぎてせっかくのお出汁が飛んじゃってました・・・。
20160715-142411.jpg
「玉子」
前回の時は握りでいただきましたが アテで食べる法が好みとお伝えするとデデ~ンとお出しして下さいました。
20160715-142419.jpg
「雲丹」
前回写真を撮り忘れた雲丹は海苔と胡瓜の飾りがある方ではなくてシンプルな握りで こちらも私好みで嬉しいです♡
20160715-142431.jpg
「トロ」
20160715-142438.jpg
「海老」
20160715-142448.jpg
「烏賊」
柔らかくふわふわの食感!
包丁の入れ方で食感が良くなるのでしょうが絶品です。
20160715-142456.jpg
「蒸し鮑」
シンプルな味付けです。
20160715-142504.jpg
「焼き鱧」
これまた絶妙な焼き加減と香ばしさがたまらなく美味しかったです。
20160715-142512.jpg
「しじみのお味噌汁」
今まで食べた事のあるシジミの中で一番の身の大きさでした。
お出汁もシジミの身も全部完食しました。
焼き蛤以外は相対的に美味しくて満腹の満足でした♪
ちなみに
一番最初にお店の屋号を見たときから気になっていた「豊後」について店主に伺ってみました。
この「豊後」ぶんごとは
東京でいうと「江戸」・大阪でいうと「浪速」
そう呼ばれるように大分は「豊後」なのだそうです。
「太郎」は店主のお名前で
「豊後太郎」
なのでした♪



6000円以下で楽しむ高級レストラン

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク